高級和風住宅・現代数寄屋造り・リフォームに宮大工の伝統の技を活かす吉田建設

トップ

テレビチャンピオン 大工王選手権グランドチャンピオン受賞
 

■更新情報
マスコミ紹介を更新しました。
施工を担当し「2007ぐんまの家」設計・建設コンクールにて優勝賞をいただきましたお住まいが、
雑誌「新しい住まいの設計」2008年1月号で6ページにわたりご紹介されています。
特集「極上の空間 至福の時間」case02「日常のなかのひととき。映像と音楽に浸る深いくつろぎのある家」


株式会社吉田建設は現在、自らの持つ宮大工の腕を活かして、伝統ある本格的在来工法を用いて自社敷地内に贅沢な車庫としてモデルサイトを建築中です。
軒まで十三尺七寸(4.15m)、横三十尺(9m)、八寸角の吉野檜等を得意の繊細さと大技で惜しげもなく使用し、御影石の基礎や金箔を貼ったかざりものなど、見ごたえのある建築物です。
見学は随時で無料です。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

ぐんまの家コンクール優秀賞受賞「2007ぐんまの家」
設計・建設コンクールにて、
優勝賞をいただきました。 

 

・建築一級技能士・二級技能士が多数在籍する職人集団です。・創業以来30年、在来工法(日本古来の伝統技術を用いた工法)を用いた住宅施工を行ってきました。・自然木を活かした高級和風住宅、現代数寄屋造りを得意としています。・新築はもちろん、どんな小さな改築・リフォームもおまかせください。・宮大工仕事も行います。太田市植木野の雷電神社を建立しました

 

在来工法の家づくり
 

法隆寺や東大寺など、日本が誇る歴史的建造物はみな木造です。
これらの建物や古民家が示すように本来木造住宅は長寿命であるといえます。
ただし、木の特性を知り、最良の施工を行うことが不可欠です。
日本古来の在来工法の家は、日本建築の和の魅力を感じられます。

親方 吉田勝之

在来工法は、ほとんどが手作業で手間がかかります。
優れた技術がないと決してできません。
吉田建設では在来工法のほかに、システムバス、水まわり、
キッチン、オール電化、床暖房、高気密、高断熱など、
最新のシステムも導入した施工を行っております。
今後も在来工法と最新システムが
融合した住宅づくりをしてまいります。
また、遠距離出張施工も行っておりますので、
お気軽にご相談ください。
(親方 吉田勝之)


伝統の技を育んだ住まい
 お住まい
受け継がれた伝統の技。荘重な雰囲気を持つ屋根の美しさなど職人気質が育んだ木の香る住まい。
和

吉田建設は、受け継がれた日本の住まいの原点に戻り現在では数少ない職人芸とも言われる
工法を用いて数多くの和風住宅を手がけております。
この豊富な経験と技術で、住む人に快適で安心いただける本格木造住宅をお届けします。

 

和風住宅でありながら、くつろぎを重視したワンルーム形式の洋室。
リビングはもちろん、現代的なダイニングキッチン、浴室、トイレにいたるまで暮らしやすさと
やすらぎの住まいづくりをめざして、サービスと信頼で土地のあっせんから設計・施工に
万全を期しております。